最近のジムは様々な異業種が混在し楽しく通える仕組みが充実しています。

他にもあるジムのジャンル

 

パーソナルジムは一般的なフィットネスジムよりも高いダイエット効果を期待できることに普及しましたが、ジムにはパーソナルジムのほかにも様々なジャンルがあります。

 

ダイエットを目的にジム通いを検討している方に向けて、ジムのジャンルをまとめました。

 

 

総合フィットネスジム(一般的なジム)

 

総合フィットネスジムは、マシンエリア・スタジオプログラム・プールなど幅広い設備を備えているのが特徴です。

 

総合フィットネスジムは以下の種類があります。

  • 民間の一般的なフィットネスジム
  • 公営ジム
  • ハイパージム

 

多くの自治体では、市民を対象に利用できる公営ジムを用意しています。
1回300円程度の都度払いで利用できる所も多いので、手軽に運動を始めたい方や継続できるか自信のない方は公営ジムから始めてみるとよいでしょう。

 

ボルダリングも出来るハイパージム

民間の一般的なフィットネスジムは中小規模と大型のハイパージムの2種類があり、人気を高めているのはハイパージムです。

 

ハイパージムには一般的な総合フィットネスジムの設備に加え、本格的なスパやバスケ・バドミントンなどもできるアリーナが用意されています。
一部では天然温泉の大浴場や、ボルタリングエリア、会員は無料で利用できる無料のマッサージチェアエリアを用意しているケースもあります。

 

ジム選びは通いやすさも重要ですが、最寄りのジム以外にも設備が優れているハイパージムがないかチェックしてみてください。

 

 

特化型ジム

 

特化型ジムは、総合フィットネスジムの中にあるマシンエリアやスタジオプログラムなど、一部の設備やサービスに特化した小規模ジムです。

 

ヨガ専門の特化型ジム

マシン特化型のジムは、低料金や24時間営業などで総合フィットネスジムと差別化しているケースが多いです。
特に24時間営業のマシン特化型ジムは都市部を中心に急成長を遂げています。

 

スタジオプログラム特化型は、幅広いメニューを扱う所もあれば、ヨガやストレッチに特化したり、先進のエクササイズ法を推したりして人気を集める所など種類は様々です。

 

昨今は暗闇エクササイズやサーフフィットジムなどが増えていますが、流行のエクササイズ法は総合フィットネスジムのスタジオプログラムでも積極的に採用されています。

 

総合フィットネスジムを利用しても特定のトレーニングしか行わない方が多いので、やりたいことが決まっている方は特化型ジムを検討してみてください。

 

 

異業種参入系

 

ダイエットメニューを用意しているボクシングジム

ダイエット需要の拡大によって、それまでフィットネスジムとしての運営をしていなかった業者や教室、施設が参入するケースがあります。

 

昨今ではコンビニ大手のファミリーマートが店舗と併設した24時間ジムを営業して話題になっていますが、ここではマシンやスタジオプログラムではないトレーニングを提供するジムを紹介いたします。

 

代表的な事例はボクシングジムで、このほか総合格闘技やキックボクシングなど選手を育成するために運営していた格闘技ジムが、ダイエット向けの会員メニューを用意する所が増えています。

 

ほかにもボルタリング施設やヨガスタジオ、バレエスタジオなどがダイエット目的の初心者向けコースを用意する事例があるほか、サーフィンショップがSUPヨガ教室を始めるなど、スタジオを持たないジムも存在します。

 

楽しく運動することに重点を置いている方は、異業種参入系についても幅広く調査してみましょう。

 

TOPへ