パーソナルトレーニングで最も効率が良いのは週2回ほどの筋トレです。

トレーニングのペースはどのくらいがベスト?

トレーニングをしていた女性

トレーニングのペース(頻度)は、トレーニング法や目的によって変わってきます。
パーソナルトレーニングで ウエイトやマシンを使った筋トレをする場合は週2回ほどで問題ありません。
休息が大切ですので、最低でも2~3日の間隔を空けて週2回のペースで通い続けるようにしてください。
ウォーキングやストレッチ、ヨガなど低負荷の運動をする場合は、最初は週2~3回のペースから始めて、慣れてきたらなるべく頻繁なペースで日課にすることが望ましいです。

 

超回復の理論

パーソナルトレーニングなどマシン・ウエイトを使った筋トレでダイエットする場合、週2~3回のペースで行うことで効率が高まります。
週2回のペースで十分な理由は超回復の理論が関係していて、負荷をかけたトレーニングをした場合は一時的に体力が低下し、48~72時間の休息を取ることでトレーニング前より体力と筋力が向上します。
しっかり休息期間を取りながらトレーニングを行うことで、筋肉を効率良く付けられる仕組みです。

 

ちなみに、徹底的に身体機能を高める場合は筋肉痛の状態でも毎日トレーニングを続けた方が良い場合もあります。
ただし、筋肉が回復していない状態で過度な負荷をかけすぎると身体を痛めるリスクが高まるので注意しましょう。
週2回と週5~7回を比較した場合、筋肉の付き方は週5~7回ほどの方が大きくなりますが、ダイエットを目的にする場合は、週2回程度のペースがもっとも高効率です。
適度に休息期間を取ることで効率が高まるため、パーソナルトレーニングをする際は、ジム通いをする日以外に筋トレをする必要はありません。

 

なお、ボディビルダーのようなムキムキの筋肉を目指している方は、超回復の理論を活用しながら全身の筋肉を付けるように、日替わりで部位別トレーニングを行っています。
日替わりのローテーションで腕周り・下半身・腹筋と背筋など負荷をかける部位を変えて、毎日トレーニングしながら効率を高める仕組みです。

 

お腹や二の腕などを重点的に鍛えながら、身体全体の脂肪を落とすダイエット目的であれば、部位別の日替わりトレーニングまでやる必要はありません。

 

具体的なトレーニング内容を紹介!

 

軽いトレーニングは毎日が理想

公園でヨガをする女性

超回復の理論は、筋肉に相応の負荷をかけた状態で成り立つもので、ウォーキングやヨガ、ストレッチなどの軽いトレーニングは、可能であれば毎日やることが理想です。
たとえば腕立て伏せをする場合、身体がリフレッシュされた状態であれば20回を無理なくこなせても、軽いインターバルを空けて2セット目に挑戦すれば1セット目よりも辛く感じますよね。

 

マシントレーニングやウエイトトレーニングの場合、24時間ほどの休息期間をおいても完全にリフレッシュした状態にはなりません。
それに対して、パーソナルジムへ通わずにダイエットする手法で人気のウォーキングや階段の使用、ストレッチ、ヨガは1日程度の休息で身体がリフレッシュできます。

 

運動不足の方が軽い運動をして身体が重たく感じる場合は休むことも大切ですが、翌日に回復できるのであれば、なるべく頻繁にトレーニングすることが望ましいです。
なお、運動不足を理由に階段の昇り降りで息が上がるなど心肺機能の問題は、超回復とは関係ありません。
手足に力が入りにくい場合は休むべきですが、軽い有酸素運動は頻繁に繰り返すことで心肺機能と体力が向上していきます。

TOPへ