これまでのジムとの違いを理解した上でパーソナルジムへの入会を検討しましょう。

一般的なジムとの違い

 

昨今は一般的なジムでも有料オプションでパーソナルトレーニングを用意していますが、パーソナルジムは一般的なジムと以下の違いがあります。

 

  • マンツーマンのパーソナルトレーニング専用
  • トレーニングルームは基本的に個室
  • プールやスタジオプログラムがない
  • 有酸素運動(ランニングマシンやエアロバイク)を用意していない所が多い
  • 完全予約制
  • 食事制限も行われる
  • マッサージや骨盤端正などを扱う所もある

 

一般のジムのパーソナルトレーニングと比較した場合、完全個室制になっている点や最低限の設備しか用意されていない点が大きな特徴です。

 

限られた時間で効率的なダイエットを目指すパーソナルジムでは、時間をかけて行う有酸素運動を扱っている所が少なく筋トレを中心に身体全体の脂肪へアプローチしていきます。

 

パーソナルジムではどんなトレーニングをするの?

 

 

 

料金システムの違い

 

フィットネスジムで筋トレをする女性

民間のフィットネスジムの大半は月額制の料金システムとなっており、会費を払えば自由に何度でも通い放題になっています。
公営ジムは都度払いが主流ですが、一般的に1回300~500円程度が相場です。

 

パーソナルジムの場合は、入会金+回数に応じたセットコースで契約するのが一般的です。
週2回のペースで2~3ヶ月が最も人気の高いメニューで、契約した後は指定されたペースで事前に予約を入れて利用する流れです。
残業や休日出勤が多いなど計画的に通うことが難しい方は注意してください。

 

ちなみに、一般のジムで用意しているパーソナルトレーニングも回数に応じたコースメニューになっていますが、予約を取るタイミングは自由です。
相談すれば通う頻度のアドバイスを受けることができますが、希望すれば毎日利用したり月に1~2回のペースで利用することができます

 

パーソナルトーレーニングを受ける女性

一般のジムで利用する頻度が少ない人は、パーソナルトレーニングでメニューの組み立てや正しい筋トレ法の指導を受けて、その後は単独でトレーニングをしながら定期的に見直しをしようと考えている方が多いです。

 

基本的にパーソナルジムは短期集中のダイエット・肉体改造を専門にしています。

 

なお、パーソナルジムの料金相場は2ヶ月で20~50万円ほどです。

 

 

パーソナルジムのメリット・デメリット

 

一般のジムと比較したパーソナルジムのメリット・デメリットをまとめました。

 

メリット
  • メンタルの弱さで失敗するリスクが低い
  • プロの指導で正しいトレーニングができる
  • 怪我するリスクが低い
  • 自分に合ったトレーニング法を実践できる
  • 食事制限の指導も受けられる
  • 一部で返金保証を用意している所も
  • 個室で周囲の目を気にせずに利用できる
  • 使いたいマシンを確実に使える

 

 

デメリット
  • 料金が割高
  • 通える回数が限られている
  • スパなどの設備がない
  • ブームに乗って参入した未熟な業者も存在する

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ