・若手メンタル強化コース



弱いメンタルは伝染する。
予防・強化をした場合、
業績に2割の差が出ます。

対象イメージ
若手社員
入社3年以内
早期のメンタル強化が即戦力の鍵を握ります。数年後、リーダーシップを取る年齢では、さらに大きな組織力の差が現れます。
管理職候補
入社10年未満
後輩指導などリーダーシップの基礎をつけるメンタル強化で、優秀な管理職候補者を多く準備でき、業績も格段に上がります。


プログラム概要

基礎編
リーダーシップを発揮する上で指導上の必要なポイントを押さえます。

【スポーツ心理学基礎理論】
理屈を理解することで、すべきことが肌感覚として理解できます。難しい理論ではなく、アスリートの具体的事例を用いて解説していますので、どなたにでも理解できます。
【スポーツとビジネスの関係】
アスリートもビジネスマンも、結果を求められます。どのようにしてプレッシャーをはねのけ、目標を達成しているのか、具体的事例をビジネスシーンに当てはめて解説します。
【認知のバイアス】
歩き方にクセがあるように、考え方にもクセがあります。自分の考え方のクセを知ることで、効率的に行動の修正ができ、切換えが早くできるようになります。
【緊張・不安のコントロール】
将来のことは不確実性が高いので、どうしても不安や緊張が発生します。アスリートも同じですが、ネガティブ感情のコントロールスキルを学習し、自分なりのスキルを身につけます。
【目標設定理論】
目標は高いほうが良い?、小さい方が成功体験を詰めるから良い?、基本的な目標設定理論を紹介しながら、自分にマッチした方法を見つけ出すサポートをします。
【モチベーション理論】
モチベーションと目標設定は表裏一体で、自分の成長や周囲の環境によって変化します。動的に自分のモチベーションを維持し続けるスキルを学習します。
【セルフトーク】
セルフトークとは自分への言い聞かせですが、それにも種類や方法論があります。理屈に合わない言い聞かせを続けていると、逆効果です。プロが使う方法論を伝授し、自分のものとして使えるまでトレーニングします。
2つの契約形態
WEB契約

Eラーニングを使い集合研修不要。
全国どこからでも受講可能です。

 

顧問契約

貴社を定例訪問。
社内規則も入れ組織強化します。